つくる人も幸せに。フェアトレードのものだけを。

こんばんは。

NOZZI BAZZARのNOZOMIです。

今日は当店が考えるフェアトレードについて。

「フェアトレードってなんですか?」
POP UPで聞かれた時、私は「相手の提示する金額で買い付けています。」と答えています。

心がときめいたもの、純粋にいい!と思ったものを買い付けているので、その「もの」の良さを一番に伝えたくて
今まで「フェアトレード」という言葉を主張してきませんでした。

 


 
フェアトレードなんてわざわざ言うほどでもないくらい当たり前だと思っていたし、お客さまが「堅苦しいこと言ってるな」と感じるんじゃないだろうか、とか、


フェアトレード=「支援」という言葉やイメージにいきがちで、
ものや背景に「貧しい」イメージがついてしまうと思っていました。
 
「貧しい」という言葉は難しくて、どの視点で見るかによると思います。

経済的にみると日本より貧しい国でも、だからといって全てが貧しいこととは違いますよね。

1日の時間の使いかた、家族や友人との繋がり、心の豊かさ、
日本で私が暮らしてきたものより、豊かなものがたくさんあります。

 


 
だから、経済的な貧しさにフォーカスを当てて
フェアトレードや支援という言葉を使いたくなかった。
純粋にいいと思ったものを共有したくて今まで活動してきました。
   
でも、途上国のハンドクラフトは家族経営の小さな工房で作られていることが多く、海外のバイヤーからオファーを受けても、買い叩かれることも。
私たちが日本で海外産のものを「安い!」と思うものには、
公正な取引がなされず、作り手が犠牲になっているという背景。

安く大量に発注され、早く作れと言われ、健康を害することもあります。

なぜそんなことが起きてしまうかというと、
わたしたち消費者が「良いものを安く手に入れたい!」と思っているから。

消費者の期待に応えなければ売り手は儲かりません。
その皺寄せは生産者である作り手にいってしまうんです。

悪循環を変えるには、私たち消費者の意識を変えていくこと。
「安さ」の裏側にある背景に目を向けること。

私は世界を旅して気づいたことがたくさんあります。
自分だけ、まわりだけ、日本だけでなく
地球規模でものごとを考えるようになった。

 



たまたま日本に生まれただけで、
ほんとは国や国境なんてないよなぁと思うようになりました。

同じ空の下で、どこかで誰かが作っているハンドクラフト。
今日もコツコツ、淡々と、情熱を秘めて作業しています。

ハンドクラフトは職人がいなければうまれません。
世の中にあるもの全てが工業製品になってしまったら
どんなに味気ない世界になってしまうだろう。

だから当店は作り手である職人やアーティストに敬意を払い、
直接取引し、適正な対価をお支払いすることを大事にしています。

直接取引ができないものは、同じビジョンをもち、信頼できるブランドのものだけを取り扱っています。

もちろん、心がときめくものだけを。
そして、ハンドクラフトを作る人やそこでの暮らし、豊かな背景を伝えていきます。
各国のものづくりの背景やストーリーはこちらからご覧ください(順次追加していきます)。

Artisans

Shopping Cart

在庫はカートにあります

カートは空です。